BTOパソコンと既製品

BTOパソコンなるものが巷に出まわっているようですが、自作機とどのような点で異なるのでしょうか。自作機とは、パソコンのオーナー自らが内部の部品を選び、さらには自分で購入したパーツを1つひとつ組み立てていくことを言うようです。

自作機とBTOの違いは、パソコンのオーナー自らが部品を選んで組み立てる自作機でありますが、BTOはオーナーが選んだパーツをショップやメーカー側で組み立てて販売していることを示しているようです。

どちらにもメリットデメリットがありますが、自作機の方がよりオリジナリティ溢れるパソコンを手に入れてみたい人向けとも言えるでしょう。

あらかじめある程度の既成にしばられたメーカー製のパソコンでは物足りないと言った方は、自作機、BTOパソコンに的をしぼったなかで、パソコン購入を検討してみることも面白いかもしれません。