コンピューターと計算機

コンピューターのその昔の姿として、19世紀に登場したとされる階差機関、解析機関についてみていきましょう。「格差機関」は、イギリスの数学者チャールズ・バベッジが、蒸気で歯車を動かす計算機を開発したとされているようです。また、フランスのマリー・ジャカールによって発明されたとするパンチカードを用いて、プログラム式の計算機とされる解析機関をつくりだしたようなのです。

実際には階差機関、解析機関はチャールズ・バベッジが存命中には完成されなかったと言われ、その後チャールズ・バベッジの構想をベースにスェーデンのシューツ親子が、階差機関を完成させたそうです。シューツ親子の階差機関が、アメリカまで渡ると、その後は国家規模で計算機の研究が行われるようになったとされています。