コンピューターが発明されてから

コンピューターが発明されてから、コンピューターは単なる数字を計算する計算機としてではなく、オフィスや家庭などで仕事や趣味などの便利なツールとして活用されてきたようです。表計算、編集、デザイン、音楽製作など、多岐に渡る用途をこなす万能機器として、今日では多くの人びとにとって、この世のなくてはならないものの1つとなっているようなのです。

世界中の人びとが誰もが使えるパソコンになるまでには、長い道のりがあったようですが、コンピューターが大量生産され一部の研究所などでのシェアだけではなく一般家庭の多くにも普及しはじめますと、その開発のスピードはとどまることを知らないといったほどの猛スピードで高品質、高性能なパソコンがさらに小型化、軽量化されて登場しはじめたのです。